tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

Leap Motionでマウス的な操作をする LeapMotionPointer

Leap Motionを使って、マウスと同じようにスクリーン上の場所を指定する操作を実装しました。以下は、開発中のVoxelorer Birdに組み込んだ作例です。 タイトルやステージ選択を横画面対応にして、Leap Motionで操作できるようになった。とりあえず展示版はこ…

UnityのML-Agentsで、新しい学習環境を作成する(0.6.0a版)

Unityで新規プロジェクトを作って、ML-Agentsの0.6.0aを組み込む手順です。 こんな感じ 以下のML-Agentsリポジトリーのドキュメントを元に進めていきます。 github.com 目次 目次 動作環境 0.5.0で環境を作成済みの場合 このチュートリアルで作るもの Note U…

Unity2018.3.1にしたらRigidBodyのkinematicでなんかエラーが出た

こんなエラーが出ました。 [Physics.PhysX] RigidBody::setRigidBodyFlag: kinematic bodies with CCD enabled are not supported! CCD will be ignored. CCDってなんだ。これだ・・・Unity - Manual: Continuous collision detection (CCD) 高速時にオブジ…

WindowsでiOSアプリのビルドとデプロイができるiOS Project Builder for Windows

iOS Project Builder for Windowsとは Windowsマシンで、iOS用にUnityプロジェクトをビルドできるアセットです。 2012年ごろのMacBook Airを持っているのでiOSアプリのビルドはできるのですが、メインの開発環境はWindowsなのでビルドするのが面倒でした。処…

ボクセルキャラを粘土で作る!

この記事はVoxel Advent Calendar 2018 20日目のものです。ちょっと趣向を変えて、リアルにボクセルのキャラクターを作る記事です。 昨日は、はやなささんの自分のボクセル創作を振り返った話 - hayanasa’s Flower Factoryでした。明日はMagicaVoxelからUnit…

ML-Agents Beta 0.6.0のリリースノート

Unityで手軽に強化学習などのAIを使うことができるML-Agentsの0.6.0が出てました。 github.com Releaseページ とりあえずリリースページにあった内容をざっくりと。 重要 BrainがMonoBehaviourからScriptableObjectに変更されました。これにより、Brainをプ…

Photon BoltでPhysicsのボールは動くのか

アドベントカレンダー1日目(12/1)の記事です。 ゲーム画面 明日はRaspberlyさんの3Dモデルの影を別の影に差し替える - Raspberlyのブログです! (2018/12/12 Network Rateの設定で動きを滑らかにすることと、Boltアイコンの消し方について追記しました) (201…

UnityのML-Agentsで、新しい学習環境を作成する

このブログはML-Agents 0.5.0aのものです。ML-Agents 0.6.0a用のものをこちらにアップしました。 ML-Agentsの動作環境は整えられました。次は、新しいプロジェクトにML-Agentsを組み込む手順を確認します。以下のドキュメントを読んでいきます。 github.com …

Unity ML-AgentsをWindows10で使う 2018年11月版

Unityで機械学習(Machine Learning)が使えるML-Agentsについて、1年前に導入の記事を書きました。あれから大幅に変更されて、動作環境やセットアップ手順が変わったので、2018年11版としてまとめ直します。 トレーニング時に、待ちすぎると待機が終わる注意…

Unity Hubで、最新じゃないバージョンをインストールする

Unity Hub、便利なんだけど少し前のバージョンがインストールできないんだよな...と思っていたのですが、インストール方法がありました! Unity Hubからは、各マイナーバージョンの最新版のみですが、Unity公式の過去のバージョンがダウンロードできるダウン…

デジゲー博に出展してきました!

2018/11/4 秋葉原UDX2階 アキバ・スクエアと4階 UDXギャラリーNextで開催されたデジゲー博に、開発中のスマホ用パズルゲームVoxelorer Bird(ボクセローラーバード)を展示してきました!同時に、非常勤講師を勤めています池袋にある専門学校デジタルアーツ東…

UnityのプロジェクトをiPhoneSE実機で動かした時にハマったポイント

ようやくスマホで公開してみようという作品が出来たので、Unityプロジェクトを手元のiPhone実機で動かしてみました。動かすまでにあちこちハマったので忘れないうちに備忘録を。 目次 目次 必要なもの 開発者の登録 環境構築 Unityプロジェクト側でやってお…

裸眼立体視ディスプレイLooking Glassを発注&到着しました!(2019/1/12追記)

以前から気になっていた裸眼立体視ディスプレイLooking Glassのデモが吉祥寺のPico Pico Cafeさんで開催されたので見に行きました。その時の感想と、発注しちゃったので発注方法についてです。 そして、1/7の朝についに届きました!到着までの流れなど少し追…

Unity1週間ゲームジャム「あつい」に参加しました

Unity 1週間ゲームジャム | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう 今回のテーマは「あつい」。公開した作品はこちらからどうぞ。 ログインすると評価できます。面白かったら評価いただければ嬉しいです! 溶岩番 | …

NavMeshAgentでよい感じにキャラクターを歩かせる

qiita.com Unityゆるふわサマーアドベントカレンダー 2018の21日目の記事です! 前日は @tsukumaru さんの「Loom Unity SDKのサンプルを動かしてみる」でした。 次は @Nitudon さんの「ShaderGraphを使って頂点シェーダーで遊ぶ」の予定です。 NavMesh(ナビ…

ProBuilderのoverlapping UV'sという警告(warning)を解決する

ProBuilderは便利なアセットですが、ちょいちょい謎の動作があります。そのうちの一つが以下の警告です。 There are 6 objects in the Scene with overlapping UV's. Please see the details list below or use the 'UV Overlap' visualisation mode in the …

Ultimate VFXでゲームのイメージを膨らまそう!

Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2018 Summer! 5日目(8/5)の記事です! アドカレ・ディフェンス (2018/8/6 作例を公開しました!) はじめに 学生のみなさんは夏休みに入られたことと思います。夏休み中にゲームを作りませんか!もちろん、社会人の…

MagicaVoxelのPLYモデルにmixamoでアニメ設定をしてUnityで動かす

MagicaVoxelで作ったオリジナルの人型のキャラクターにアニメ設定するには、Adobe社が提供しているWebサービルmixamo(ミクサモ)が便利です。MagicaVoxelで出力したモデルをBlenderの自作プラグインでテクスチャー生成して、mixamoに持って行ってアニメ設定を…

MagicaVoxelのPLYファイルにウェイト設定してUnityでアニメーションさせる

以前、表題の作業手順をまとめました。しかし、手軽にモデルを修正してエクスポートし直すには手順が多くて煩雑です。 また、PLYで出力するといい感じのメッシュで出力してくれるのですが、テクスチャーを自分でベイクする必要がありより面倒に。よさそうな…

Unity1DayChangeJamに参加しました!

ぽにさん( @PonixNews )主催のUnity1DayChangeJamに参加しました!30名中の9番目。立ち上げは大変そうだし、後半は把握が大変そう、と思っていたのでナイスな順番決めビンゴでした。 目次 目次 作った部分 スネークゲームを改造する方法 作者ーズのモデルを…

BitBucketを使ってみる

共同作業にはGitHubが便利ですが、複数人数でプライベートリポジトリーを使おうとすると少々のコストが発生します(学生であれば無料でプライベートリポジトリーやチームが使える学生アカウントを使える可能性があるので、学校に問い合わせてみてください!) …

MagicaVoxelにアニメーションを設定してUnityで動かす(ply版) ply unity 色

github.dev7.jp 上記のだいし様の記事に、操作に慣れていない人向けの補足を加えた記事です。BlenderやUnityが使える場合は元の記事で十分だと思います。 以前、MagicaVoxelからobjファイルをエクスポートして、アニメーションさせる記事を書きました。 am1t…

Unity2018.1.xでSmart MergeをSourceTreeに設定する

多人数開発の際に、シーンやプレハブをマージするのに便利らしいということで、設定してみます。 目次 目次 前提 SourceTreeに設定する 参考URL 前提 Windows10 Unity2018.1.3 SourceTree SourceTreeに設定する Smart MergeのためのツールUnityYAMLMergeは、…

Unity1週間ゲームジャム「ギリギリ」に参加しました!

こちらの作品です。ぜひプレイを!ノーブレーキではクリアできないので、まずは安全運転で^^ 走れ!ワゴン!! | 無料ゲーム投稿サイト unityroom - Unityのゲームをアップロードして公開しよう ランキングにもぜひご参加ください^^ 目次 [:Contents] 学生さ…

PostProcessing Stack v2を使う

ようやくUnity2018.1に手をつけたところ、PostProcessing Stack v2でつまづいたのでメモです。 目次 目次 PostProcessing Stack v2の初期設定 PostProcessing Stack v2をプロジェクトに追加 Cameraにレイヤーを設定 Trigger Layer Anti-aliasing Stop NaN Pr…

AtomでCannot load the system dictionary for 'ja_JP'というエラーが発生した

macのAtomでファイルを開いた時にCannot load the system dictionary for 'ja_JP'というエラーが表示されていたのを対処した方法です。 原因はこちらの模様。 spell-check throws an error at atom launch · Issue #253 · atom/spell-check · GitHub Atomに…

Mesh Bakerを使ってみた(LODについて追記)

シーン内の別々のゲームオブジェクトで構成されるメッシュを、マテリアルやシェーダーごとに合体、あるいは、マテリアルも合体させて、ドローコールを減らして高速化してくれるという人気アセットMesh Bakerを使ってみました。 紹介に先立って補足 Mesh Bake…

Unity Analyticsを利用する(GDPRについてリンクを追加)

ずっとやろうやろうと思っていて放置していたUnity Analytics(アナリティクス)をようやく組み込んでみました。簡単に手順をまとめました。 EUのプライバシーポリシー強化への対応に伴い、Unity Blogにアドバイスが掲載されました。Unity AdsやAnalyticsをご…

Phaser3の最新版のTern設定ファイルを作成する

AtomでPhaserのコード補完をする設定をこちらに書きました。Phaser3はまだリリースされたばかりで、ドキュメントが全部揃っていなかったり、機能が抜けていたり、仕様が変化しています。 ドキュメントもすぐに新しいものが出てくる状況なので、更新をセルフ…

AtomでPhaser3のコード補完をする

HTML5ゲームエンジンPhaser3のコード補完をAtomに組み込む手順をご紹介します。 (バージョンの変更に伴い、以前の同様のドキュメントは削除しました。) 目次 目次 前提 gitコマンドで警告が出る場合... AtomをTernに対応させる プロジェクトにPhaser用のtern…