読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

Androidタブレットで位置情報をブラウザで取得するには

keyword: android SH-08E 位置情報 ブラウザ HTML5 Geolocation

Android4.2.2のSH-08Eで位置情報をブラウザで取得する方法をまとめる。

端末設定

GPSを取得できるように以下の設定を行う。

  • [本体設定]→ユーザ設定の[位置情報サービス]を開く
    • [位置情報にアクセス]をONにする。「位置情報についての同意」が表示されたら「同意する」
    • [GPS機能を使用]にチェック。「ユーザーの同意」が表示されたら「同意する」
    • [Wi-Fi/モバイル接続時の位置情報]にチェックを入れる

位置情報を使用するページを開く

  • 「現在地情報をリクエストしています」が表示されたら「位置情報を共有」を選択

以上で使えるようになる。間違えて「拒否」した場合の修正方法は以下の通り。

間違えて「拒否」した場合の対処

  • ブラウザの[設定]→[高度な設定]→[ウェブサイト設定]を選択
  • 該当するページをクリック
  • 「位置情報アクセスを削除」を選択して、「位置情報アクセスを削除」に「はい」を選択
  • 対象のページに戻って、改めて位置情報の共有を選択する

利用するAPI

4.2.2では、HTML5のGeolocationAPIが利用できるので、通常のHTML5の方法でアクセスできる。

詳細なGPSの利用

2010年頃はenableHighAccuracyをtrueにしないと位置が取得できないということだったが、現在はfalseも利用できる。屋内などのGPSが取得できない場所での利用を想定して、enableHighAccuracyをtrueで取得に失敗した場合は、falseにしてgetCurrentPosition()を発行して粗い精度のデータを取得するとよい。

Gears APIは停止

2011年以前は、AndroidではGears APIを利用するよう開設されていたが、2011年3月にGears APIからHTML5へ移行するとリリースされた。新しいブラウザを使えば、Geolocation APIが利用できる。
http://gearsblog.blogspot.jp/2011/03/stopping-gears.html

参考書

HTML5ガイドブック 増補改訂版 (Google Expert Series)

HTML5ガイドブック 増補改訂版 (Google Expert Series)

  • 作者: 羽田野太巳,古籏一浩,太田昌吾,小松健作,伊藤千光,吉川徹
  • 出版社/メーカー: インプレスジャパン
  • 発売日: 2012/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 3人 クリック: 6回
  • この商品を含むブログを見る