読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

OS X 10.11でApache、PHP、MySQL、SSLを動かす

OS X 10.10から10.11にアップした時も、apacheの設定がリセットされるため、以下の作業が必要。

前提として、以下でOS X 10.9の環境がセットアップされていたものとする。

OS X 10.9にApache+PHP+MySQLをインストール - tanaka's Programming Memo

httpd.conf

sudo vi /private/etc/apache2/httpd.conf
  • LoadModuleのリストで、以下を有効にする。
    • LoadModule socache_shmcb_module libexec/apache2/mod_socache_shmcb.so
    • LoadModule ssl_module libexec/apache2/mod_ssl.so
    • LoadModule php5_module libexec/apache2/libphp5.so
  • ServerNameにlocalhost:80を設定
  • Include /private/etc/apache2/extra/httpd-ssl.confを有効にする

php.ini

  • バージョンが変更になるので、再度、php.ini.defaultをphp.iniにコピーして、書き込み属性を設定(以下、バージョンによってx.xを置き換える。違ったらphpinfo()を動かしてパスを確認)
sudo vi /usr/local/etc/php/x.x/php.ini
  • 10.9の時の資料に従って、以下を設定。
    • include_pathを設定
    • date.timezoneにAsia/Tokyoを設定
    • pdo_mysql.default_socketを設定
    • mysql.default_socketを設定
    • mysqli.default_socketを設定

httpd-ssl.conf

  • 以下で、SSLの設定を開く。
sudo vi /private/etc/apache2/extra/httpd-ssl.conf
  • ServerName localhost:443 を設定。
  • SSLMutexの設定がなくなったということで、以下のようにする。
#SSLMutex default
Mutex default ssl-cache
  • SSLVerifyClient に、合法的な証明じゃなくても良いように optional_no_ca を設定
SSLVerifyClient optional_no_ca

設定チェック

  • 以下を実行して、エラーがないことを確認する。
sudo apachectl configtest

Firefoxの設定

  • localhostに接続しようとすると、www.localhost.comになってしまう。
  • firefoxにabout:configで接続。
  • browser.fixup.alternate.enabled属性を検索して、falseにする。

以上でダメな場合