読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

MongoDBをMacにインストール

インストール

ダウンロードとインストール

brew update
brew install mongodb --with-openssl
  • しばらく待つと、インストールが終わる

フォルダ作成

  • MongoDBを起動する前に、作業用フォルダを作成する
sudo mkdir /data/db
  • このままではアクセス権限がないので、以下でフォルダの所有者を作業しているユーザに変更する
sudo chown -R <作業ユーザ名> /data

MondoDBを起動

  • ターミナルから以下で起動できる
mongod
  • 上記で起動できない場合は、「which mongod」でmongodのインストール先を調べて、フルバスを書く
  • /data/db以外のフォルダにデータを入れたい場合は、以下でパスを指定する
mongod --dbpath <path to data directory>

MongoDBの利用

  • mongodを起動後、ターミナルからmongoを起動すると、コマンドが起動する

DBの停止

  • [Control]+[C]

メモ

  • データベースを作成しなくても、useで使いたいデータベース名を指定して切り替えて、データを登録すれば自動的に使えるようになる
コマンド コメント
show dbs 現在のDBを列挙する。最初はtestのみ
use mydb 存在しないmydbを指定してデータベースを切り替える。エラーは出ない
show dbs まだtestのみ
db.getCollectionNames() コレクション(レコードに対応)を列挙する。今は空なので[]が返る
db.mycol.insert({'name': 'mycolname'}) データを登録する
db.getCollectionNames() mycolが返る
show dbs testに加えてmydbが列挙される
quit() コマンドを終了する