読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

講義で利用したいソフトウェアのインストール

Unity5

  1. http://unity3d.com/jp/5 に接続
  2. [Unity 5 を入手]を押す
  3. Personal Editionの[無料ダウンロード]
  4. インストーラーをダウンロードしてインストール開始
  5. http://webhoric.com/apple/mac/unity/unity5-install を参考に、「Unityにログインするアカウントを入力」まで設定

Visual Studio Community 2013

  1. https://www.visualstudio.com/ja-jp/downloads/download-visual-studio-vs#d-community-expando に接続
  2. Community 2013 Update 4を選択
  3. [今すぐインストール]でインストール開始
  4. 指示に従って、インストールする

Visual Studio Community 2013の日本語化

  1. スタートメニュー>Visual Studio 2013>Visual Studio 2013で起動する
  2. 初期設定が表示されたら、[C#]を選択してセットアップ。表示されなければ次へ
  3. セットアップが終わったら、メニューから、TOOLS>Options>Environment>International Settingsを選択
  4. Get additional Languageのリンクをクリック
  5. Webページが開いたら、インストーラを正しく動かすために、Visual Studio 2013を終了させる
  6. 開いたWebページからダウンロードをして実行
  7. 同意して、インストールを押す
  8. 途中でエラーが表示されるが、OKで進めてよい
  9. しばらく待つと、インストールが完了する
  10. 完了したら、Visual Studio 2013を起動
  11. メニューから、TOOLS>Options>Environment>International Settingsを選択
  12. Language欄から日本語を選択してOK
  13. Visual Studio 2013を閉じる

Visual Studio Tools for Unity

  1. https://msdn.microsoft.com/ja-jp/dn833194.aspx に接続
  2. ページ少し下の[ダウンロード]欄から[Visual Studio 2013 Tools for Unity]を選択
  3. ダウンロード
  4. ダウンロードしたファイルを起動してインストールする

体験授業で必要なのはここまで

TortoiseGit

  1. http://am1tanaka.hatenablog.com/entry/2015/04/10/190246 の手順でインストール
  2. メールアドレスと名前は設定しない。

BeautoBuilderR

  1. Beauto Racer(ビュートレーサー) - ダウンロード | ヴイストン株式会社 に接続
  2. [最新版のBeauto Builder Rをダウンロード]をクリックして、ZIPファイルをダウンロード
  3. ドキュメントフォルダなどに解凍