読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

Visual Studio Tools for Unityの使い方

Unity5のMono Developでは、日本語入力の際に候補が表示されないので、プログラムコードの編集にはVisual Studio2013 Communityなどがおすすめである。利用する際に少々設定が必要なので、ここにまとめる。

なお、試したのはVisual Studio 2013 CommunityとUnity5.0.1の組み合わせである。

インストール

- Visual Studio 2013用 Visual Studio 2013 Tools for Unity extension

利用方法

詳しくは Getting Started with Visual Studio Tools for Unity
以下、簡単に手順を記載。

  • Unityでプロジェクトを作成する際に、[Assets]の中から[Visual Studio 20XX Tools]を加える

- 最初に加え損ねたら、[Assets]メニュー>[Import Package]>[Visual Studio 20XX Tools]で追加する

  • [File]メニュー>[Build Settings]を選択
  • [Script Debugging]にチェックを入れて、セッティングメニューを閉じる
  • [Visual Studio Tools]メニュー>[Open in Visual Studio]を選択

以上で、UnityとVisual Studioの編集を連携させることができる。

デバッグ

Visual Studioでブレークポインタを設定して、Unityの実行をその場で止めて変数の値をチェックしたり、ステップ実行することができる。

  • Visual Studioで、プログラムを停止させたい場所にブレークポインタを設定する
  • Visual Studioの実行メニューを[Attach to Unity and Play]に変更して、押す

以上で、しばらく待つと自動的にUnityの実行が開始され、ブレークポインタの場所で実行が停止する

  • Unityの実行を停止した時、Visual Studioの方でも停止ボタンを押すことを忘れずに

うまく動作しない時は、Unityを再起動する。

ヘルプ

  • 調べたいUnityのコマンドを選択して、[Ctrl]+[H]でUnityのヘルプを開くことができる

その他もろもろの使い方…UnityVS の使用 - Visual Studio Tools for Unity | MSDN

注意点(2015/4/18現在)

UnityをバージョンアップするとVisual Studio用のアセットが消えてしまう

バージョンアップ前に、Unityのインストールフォルダ/Editor/Standard Assetsフォルダ内のVisual Studio 20XX Tools.unitypackageをどこかにコピーしておいて、バージョンアップ後に同フォルダに書き戻すなどする。

上記の方法でもダメな場合は、一度ツールをアンインストールしてから、Unityのバージョンアップ後に再インストールする。

Build Targetの変更が失敗する

Visual Studio Tools for Unityを起動したまま、[File]>[Build Settings]を開いて、Build Targetを変更するとエラーが発生して切り替えに失敗する。書き換え対象のファイルを、Visual Studioがロックしているのが原因と思われる。

同様の症状が発生したら、Build Targetを変更する前に一度Visual Studioを閉じてから操作をする。

新規に作成したスクリプトでキーワードの補完が動かない

新規にスクリプトを作成して、すぐにVisual Studioで開いてしまうとコマンドを入力してもオートコンプリートが効かない。

そういう場合は、一度Unityに戻り、スクリプトがビルドされたのち、Visual Studioに操作を戻せば動作する。