読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

JavaScriptでテスト PhantomJS のインストール

JavaScriptブラウザーでの挙動をテストする場合、Seleniumを使ってGoogle ChromeFirefoxなどのブラウザー上で実際にテストする方法と、PhantomJSというコンソールで動かせるブラウザーでテストする方法があります。

基本機能のテストでは、Seleniumを使うよりもPhantomJSの方が手早く簡単にできそうです。

PhantomJSのインストール

  1. Homebrew-caskをインストールしていない場合は、Macのセッティングが楽チンに!『Homebrew Cask』でソフトを簡単インストール | ライフハッカー[日本版]を参照してcaskをインストール
brew tap caskroom/cask
brew install caskroom/cask/brew-cask
  1. brew caskを使ってphantomjsをインストール
brew cask install phantomjs
  1. 以下でバージョンチェック
phantomjs --version
  1. バージョンが確認できたら動作テストへ。「Killed: 9」が表示されたら引き続き作業
  2. upxをインストール
brew install upx
upx -d /opt/homebrew-cask/Caskroom/phantomjs/2.0.0/phantomjs-2.0.0-macosx/bin/phantomjs

以上で、「phantomjs --version」でバージョンが確認出来るはずです。

動作テスト

Quick Start | PhantomJSに従って、簡単なサンプルを動かします。

  1. 以下をテキストファイルに作成して、書類などのフォルダーに「hello.js」の名前で保存。文字コードUTF-8にする
  2. ターミナルで、hello.jsを保存したフォルダーに移動
  3. 以下でjsを動作させる
phantomjs hello.js
  1. 以下が表示されればOK
Hello, world!


PhantomJSのインストールと動かし方は以上です。上記のページのサンプルや例を動かして、使い方を学んで活用してください。