読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

Unity5.1 ネットワークシステム Network Messages

Unityメモ 勉強メモ UNETマニュアル

前へ | 次へ

UNet Unity5.1からの新しいネットワークシステム
Unity5.1のネットワークマニュアル斜め読み(2)
UNet NetworkManagerの利用
Unity5.1 ネットワークシステムのオブジェクト生成
Unity5.1 ネットワークシステムの状態同期
Unity5.1 ネットワークシステムのRemote Actions
Unity5.1 ネットワークシステム PlayerObjects
Unity5.1 ネットワークシステム Object Visibility
Unity5.1 ネットワークシステム Network Messages
Unity5.1 ネットワークシステム Matchmaker
Unity5.1 ネットワークシステム Scene Objects
Unity5.1 ネットワークシステム:シングルプレイヤーゲームを多人数に対応させる
Unity5.1 ネットワークシステム Multiplayer Lobby
Unity5.1 ネットワークシステム Network Clients and Servers
Unity5.1 ネットワークリファレンス概要

公式サイトの以下のページの斜め読みメモです。
Unity - マニュアル: Network Messages

途中に差し込んでいるソースコードは公式サイトからの転載です。

Network Messages

Commandsと(Client)RPC呼び出しなどの高次な機能の他に、ネットワークメッセージをRawデータで送ることもできます。

MessageBaseと呼ばれるクラスがあり、送信可能なネットワークメッセージクラスを拡張することができます。このクラスは、writerとreaderオブジェクトを持ったデータ送信とデータ受信関数持ちます。開発者はそれらの関数をそれら自身に実装したり、ネットワークシステムによって自動的に作成されて実装されたコードを改変できます。Baseクラスは以下のようなコードです。

public abstract class MessageBase
{
    // De-serialize the contents of the reader into this message
    public virtual void Deserialize(NetworkReader reader) {}

    // Serialize the contents of this message into the writer
    public virtual void Serialize(NetworkWriter writer) {}
}

以下のようなネットワークメッセージのための共通型の組み込みメッセージクラスがあります。

  • EmptyMessage
  • StringMessage
  • IntegerMessage

NetworkClient、NetworkServer、そしてNetworkConnectionクラスにあるSend()関数はどれも同じようにメッセージを送信します。Send()関数はMessageIDとMessageBaseから渡されたメッセージオブジェクトを設定します。以下のコードは組み込みメッセージクラスの一つを使ってメッセージを送信して、受け取る例です。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;
using UnityEngine.Networking.NetworkSystem;

public class Begin : NetworkBehaviour
{
    const short MyBeginMsg = 1002;

    NetworkClient m_client;

    public void SendReadyToBeginMessage(int myId)
    {
        var msg = new IntegerMessage(myId);
        m_client.Send(MyBeginMsg, msg);
    }

    public void Init(NetworkClient client)
    {
        m_client = client;
        NetworkServer.RegisterHandler(MyBeginMsg, OnServerReadyToBeginMessage);
    }

    void OnServerReadyToBeginMessage(NetworkMessage netMsg)
    {
        var beginMessage = netMsg.ReadMessage<IntegerMessage>();
        Debug.Log("received OnServerReadyToBeginMessage " + beginMessage.value);
    }
}

カスタムネットワークメッセージクラスの宣言と利用方法は以下の通りです。

using UnityEngine;
using UnityEngine.Networking;

public class Scores : MonoBehaviour
{
    NetworkClient myClient;

    public class MyMsgType {
        public static short Score = MsgType.Highest + 1;
    };

    public class ScoreMessage : MessageBase
    {
        public int score;
        public Vector3 scorePos;
        public int lives;
    }

    public void SendScore(int score, Vector3 scorePos, int lives)
    {
        ScoreMessage msg = new ScoreMessage();
        msg.score = score;
        msg.scorePos = scorePos;
        msg.lives = lives;

        NetworkServer.SendToAll(MyMsgType.Score, msg);
    }

    // Create a client and connect to the server port
    public void SetupClient()
    {
        myClient = new NetworkClient();
        myClient.RegisterHandler(MsgType.Connect, OnConnected);
        myClient.RegisterHandler(MyMsgType.Score, OnScore);
        myClient.Connect("127.0.0.1", 4444);
    }

    public void OnScore(NetworkMessage netMsg)
    {
        ScoreMessage msg = netMsg.ReadMessage<ScoreMessage>();
        Debug.Log("OnScoreMessage " + msg.score);
    }

    public void OnConnected(NetworkMessage netMsg)
    {
        Debug.Log("Connected to server");
    }
}

この例では、ScoreMessageクラスのためのデータ送信用のコードはありません。


前へ | 次へ