読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanaka's Programming Memo

プログラミングについてのメモ。

GitHubにUnityのプロジェクトを新規に作成する手順(2017/2/4追記)

(Edit設定の変更の追記。画像の追加 2017/2/4)

Unityのプロジェクトを作成

  • Unityを起動
  • [NEW]を押して、プロジェクト名(UnityGitHubなど)を半角英数で入力して[Create Project]
  • [Edit]メニューから[Project Settings]>[Editor]を選択
  • [Version Control]欄を[Visible Meta Files]に変更
    • metaファイルをバージョンコントロールに加えます
  • [Asset Serialization]を[Force Text]に変更
    • 変更をテキストで管理できるようにします

f:id:am1tanaka:20170204234425p:plain

  • [File]メニューから[Save Scene]を選択して、「game」などのシーン名で保存
  • [File]メニューから[Save Project]を選択して、プロジェクト全体を保存

GitHub Desktop に登録

次に、 GitHub Desktop で作業します。

  • GitHub Desktop を起動
  • 左上の[+] > [Add] をクリック
  • [Local path]の右の[Browse]ボタンを押して、Unityで作成したプロジェクトのフォルダーを選択(ドキュメント>ライブラリ>Unity Projectフォルダー>プロジェクト名など)を設定

f:id:am1tanaka:20170204234536p:plain

  • 下に!が表示されて、[create a repository]がクリックできるので、クリック
  • [Create]に切り替わるので、[Git ignore]を[Unity]にして、[Create repository]をクリック

f:id:am1tanaka:20170204234551p:plain

  • [Changes]をクリック
  • [Summary]欄に「プロジェクトを追加」などと入力して、[Commit to master]をクリック

以上で完了です。あとは作業を進めて、適宜、コミット(Commit)と同期(Sync、あるいはPublish)してください。

Unityのプロジェクトをコミットする前に、必ず[File]>[Save Scene]と[File]>[Save Project]をしてください。Unityは実行するだけでは保存されないので、手動で保存する必要があります。